本文へ移動

会社沿革

会社沿革

1992年05月
食品メーカー役員を経て、東京都大田区に大豆発酵生産物の研究・開発目的で、 現・代表取締役 新井行雄がオフィス新井を創業。
1999年01月
有限会社エコサンテ物産設立。 
東京都江東区富岡に本社を移転
2004年01月
東京都、弊社研究開発事業(ES大豆発酵生産物研究事業)を中小企業創造活動促進法(創造法)に認定。会社設立5周年
2004年03月
経済産業省中小企業庁・中小企業総合事業団(現・中小企業基盤整備機構) 
弊社事業(ES大豆発酵生産物研究事業)を新事業開拓助成金交付事業(研究開発分野)に採択
2005年05月
筑波大学と共同でES大豆発酵生産物の生理活性に関する第一次共同研究を開始
2005年05月
(財)東京都中小企業振興公社 
ES大豆発酵生産物を利用した健康食品「エコサンテ液」を17年度市場開拓支援助成事業に採択
2006年03月
筑波大学とES大豆発酵生産物の機能性に関する第二次共同研究開始
2006年05月
(財)東京都中小企業振興公社 
ES大豆発酵生産物を利用した健康食品「エコサンテ液」を18年度市場開拓支援助成事業に採択
2006年12月
筑波大学教授らと学術研究発表(フードケミカル) 
題目「大豆発酵生産物の大腸がん細胞増殖抑制効果とそのメカニズム」
2007年02月
増資し資本金900万円
2007年03月
増資し資本金1800万円
2007年04月
筑波大学とES大豆発酵生産物の機能性に関する第三次共同研究開始
2007年08月
江東区中小企業産学連携共同研究補助金交付事業に採択
2007年11月
「第3回中小企業産学官連携推進フォーラム」で発表
主催:(独)中小企業基盤整備機構 
2008年03月
増資し資本金2170万円
2008年03月
『第3回茨城コーディネータ・ネットワーク連絡会』にて 筑波大学との共同研究成果事例発表(茨城県庁)
2008年04月
筑波大学とES大豆発酵生産物の機能性に関する第三次共同研究延長へ
2008年07月
増資し資本金2490万円
2008年08月
独立行政法人中小企業基盤整備機構より「産学官連携成功128社」に選ばれ感謝状を受賞 
題目「ES大豆発酵生産物の大腸癌細胞増殖抑制効果とその作用メカニズム」
2009年02月
増資し資本金2600万円
2009年03月
平成20年度ビジネスマッチング成功事例集22社に選定(中小機構)
2009年07月
増資し資本金2820万円
2010年03月
増資し資本金2910万円
2010年04月
江東区より評価され区内公共施設・江東区産業会館にて健康食品「エコサンテ液」の常設展示が決定
2011年02月
増進し資本金3300万円
2011年04月
昨年度に続き江東区より評価され区内公共施設・江東区産業会館にて健康食品「エコサンテ液」の常設展示が決定
2011年05月
農林水産省が【平成22年度産学連携優良事例把握調査】にて優良20件に選定
2011年05月
増資し資本金3600万円
2012年05月
英文サイト作成(東京都の支援事業) 
事業化開始
2013年07月
増資し資本金3800万円
2016年11月
企業向けに原料供給開始
2017年09月
東京都知的財産総合センターの助成金事業に採択
2​017年12月
2018年01月
フラン​スを拠点とした海外販売開始

次のページは商品エコサンテ液です。下記をクリニック。

TOPへ戻る