本文へ移動

短鎖脂肪酸を増やす方法

腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が不足しています。

短鎖脂肪酸を増やす方法としては以下の二つがあります。

水溶性食物繊維を摂る

でも腸内細菌が少ないと、短鎖脂肪酸は十分に産生されない
短鎖脂肪酸は腸内細菌による食物繊維の発酵により産生され、代謝を促進し 脂肪の蓄積も抑制しています。短鎖脂肪酸はこうした代謝促進 肥満抑制といった重要な働きをしているので生活習慣病にとっては 腸内細菌が短鎖脂肪酸をたくさん産生してくれた方が好都合ですが、逆に減少すると エネルギー消費量を減らし脂肪蓄積の促進をもたらしてしまうので 生活習慣病のリスクになります
こうした有益な働きを有する短鎖脂肪酸を増やそうと 頑張って食物繊維を摂取しても 食物繊維から短鎖脂肪酸を産生する腸内細菌が少ない腸内環境では その努力は無駄になってしまうのです。
(東京都中央区八丁堀 高橋医院HPより)
そのような方は、発酵食品(納豆・キムチ)や乳酸菌飲料を摂ると良いです。

ですがひどい便秘症の方などは、どんなに良いとされる物を摂取してもなかなか改善されないのが現状です。そういう場合は、外から短鎖脂肪酸をそのまま摂る方法が最善となります。

2、外から短鎖脂肪酸をそのまま摂る(経口摂取)

短鎖脂肪酸は食材では、バターや酢くらいにしか含まれていません。バターや酢だけでは、食材からの短鎖脂肪酸補充は、大腸のエネルギー源としては到底足りません。
 
「酢」は発酵食品ですから体には良いとしても、この「酢」だけから『短鎖脂肪酸』を大量に摂取するなどというのは、ほぼ無理な話です。
 
このように『短鎖脂肪酸』は “食品からの大量摂取はできないに等しいのです。ではこの『短鎖脂肪酸』を効率よく、しかも、全身すべての細胞のエネルギー源として供給できるくらい大量に摂取するためには、一体どうしたら良いのか・・・?
 
それは外から短鎖脂肪酸をそのまま摂る!です。しかし経口摂取でも有用性は認められるのか?!
 

経口投与の有用性について

日本腹部救急医学会雑誌Vol. 25 (2005) No.5 P743-746)
短鎖脂肪酸、経口投与の症例が掲載されております。
短鎖脂肪酸を経口投与
徐々にQOLの向上を認めるほか, 栄養評価指標も安定しており, その有用性が確認されている。消化吸収障害のある短腸症候群の患者へのグルタミン, 短鎖脂肪酸の臨床応用は, 今後期待される治療法の一つと思われた。
 
弊社もドクターの臨床研究にて短鎖脂肪酸含有のES大豆発酵生産物(ESD)経口投与での有用性を保有しています。大腸がん細胞増殖抑制効果とそのメカニズムに関するは研究発表はこちら
 
注意
ただし、短鎖脂肪酸は臭いので飲みづらいです。ですが力は実感できるかと存じます。

ESDを利用した短鎖脂肪酸 エコサンテ液の購入方法

●エコサンテ液販売店で購入できます。
http://www.ecosunte.com/publics/index/42/
http://www.ecosunte.com/publics/index/74/
 
●楽天などのECサイトで購入できます。

お問い合わせ

短鎖脂肪酸の力に関心のある方は下記のフォームからお知らせください

お名前 ※必須
例)山田 太郎
フリガナ ※必須
(カタカナ)
例)ヤマダ タロウ
住所 ※必須
 
番地・屋号等 ※必須
電話番号 ※必須
例)012-345-6789 ※携帯電話可
FAX番号
例)012-345-6789
メールアドレス ※必須


※確認のため再入力
ご希望の返信先
お問い合わせ項目 ※必須
内容 ※必須

ESDを利用した「短鎖脂肪酸エコサンテ液」購入時に関する注意

エコサンテ液が半額近い価格で販売されているsite、また、楽天ショップから盗用した画像を使い安い価格設定しているsiteもあるようですが、そのような価格では購入できません。詐欺サイトの可能性がありますので決して手続きしないようお気をつけください。
 
購入手続き前に、まずは会社情報、商品情報などを調べてください。

ESD研究と肥満

TOPへ戻る