本文へ移動

最新情報

インフルエンザウイルにも短鎖脂肪酸が有効
2020-03-17
2020年 第02週 (1月6日~1月12日) 2020年1月16日現在
マップは国立感染症研究所ホームページから
2020年 第02週 (1月6日~1月12日) 2020年1月16日現在
 
東京大医科学研究所の一戸猛志准教授らのチームが発表。論文が米科学アカデミー紀要に掲載された。
 
チームは、インフルエンザウイルスへの免疫反応が低下したマウスに、酢酸と酪酸、プロピオン酸の3種類の短鎖脂肪酸を投与した。その結果、インフルエンザウイルスを排除する免疫反応が回復したという。(2019,2,13 読売新聞 医療・健康・介護サイトより抜粋)
 
ES大豆発酵生産物の主要成分は、酢酸と酪酸、プロピオン酸等の短鎖脂肪酸です。ES大豆発酵生産物の含有成分はこちら
TOPへ戻る